診療科案内 -救急科-

トップページ > 病院のご案内 > 診療科案内 > 救急科

解説

医療事情が良いとは言えない茨城県西南部において、救急診療は需要が逼迫しています。しかし単独の病院で実施できる医療には限りがあるため近隣の2病院と連携して輪番制による救急医療を提供しています。

当院は2次救急医療機関として診療しており、年間救急外来受診者数は8000名、救急車受入件数は約1800件で、地域の基幹病院として信頼されています。
当院は腹部外科スタッフが充実しているのが特徴で、急性腹症の搬送受入件数が多く緊急手術になることも稀ではありません。一方で、重症熱傷や多発外傷など多診療科の関与や長期間の集中治療管理を必要とする疾患については病院の受容範囲を越えるため3次医療機関への搬送・加療をお願いしています。また総合病院での診療治療を要しない軽症疾患については個人病院への受診をお薦めしています。

暖かい救急医療を目指していますが、医療資源には限りがあります。救急受診の際も適切な受診にご理解ご協力をお願い致します。

医師紹介(常勤医)

<氏  名>
近藤 司(こんどう つかさ)
<出身大学>
筑波大学医学専門学群 平成2年卒
<略  歴>
平成29年4月:友愛記念病院救急科部長
<資  格>
  • 医学博士
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科専門医・指導医
  • 日本救急医学会認定救急専門医・指導医
  • 日本集中治療医学会認定集中治療専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医

↑To TOP