部門紹介 -放射線診断科-

トップページ > 病院のご案内 > 部門紹介 > 放射線診断科

放射線装置紹介

CT

マルチスライスCTの最高峰
東芝アクイリオン(64列)を2台導入!!
超高速、高画質の獲得により、よりいっそう安全で高度な検査技術を提供してまいります。

マルチスライスCT(64例)の臨床例

頭部
くも膜下出血の要因となる脳動脈瘤の評価
脳梗塞の要因となる脳血流の評果
頚部
頚動脈の狭窄等の血管性病変の評価
胸部
心臓周囲の病変の描出能向上
発見が困難であった微小な腫瘍の描出
腹部
肝臓・膵臓・胆道系の腫瘍の描出能向上
腹部の微小な血管影を描出
心臓
心筋梗塞の要因となる、冠状動脈狭窄の評価
カテーテル検査でしかわからなかった血管性病変の評価

マルチスライスCT(64例)の特徴

  • 超高速撮影による短時間検査(わずか数秒)が可能
  • 旧来のCTでは描出不可能だった、体内の微細な構造物を描出
  • 血管造影に匹敵する微小血管を描出
  • 体格により自動的にX線量をコントロール
  • 被爆問題に対する最新の低減機能を装備
  • 三次元データ(3D)により、手術時のシュミレーションが可能

患者様のメリット

  • 開口径が大きく圧迫感がありません。閉所が苦手な方も安心です。
  • 寝台幅が広く体が大きな方でもゆったりと検査を受けることができます。
  • 以前に比べ、短い息止めで広範囲の撮影ができるようになりました。
  • 寝台が低い所まで下がるため、高齢者や小児に優しい装置になりました。

MRI

EXCELART Vantage

EXCELART Vantageの特長

  • 静かな1.5テスラ
    従来MRIのガンガンという音を90%カット( 1/10に減少 )
    音による恐怖感を抑え患者様にやさしいMRI装置になりました。
  • 世界最短の奥行きと開放感ある開口部
    架台軸長は世界最短の1.495m、開口部径は最大65.5cmと広々。患者様の開放感をよりいっそう高めます。
    ※閉所恐怖症により以前は検査が出来なかった方が、この装置になって出来るようになった例もあります。
  • より速く、より確実な検査
    EXCELART Vantageでは、SPEEDERによって短時間の撮像でも高画質。より高い診断価値、より速く、よりやさしいMRI検査を実現します。

↑To TOP