トップページ > 病院のご案内 >看護部
友愛記念病院

看護部

看護部長あいさつ

看護部長
秋葉はつい
医療が高度化・複雑化の中で、看護職はさらに知識・技術を向上させ、自らの専門性を高めながら看護実践していくことが求められています。

友愛記念病院看護部は、自立・協働・誠実・安全・成長を基本方針として、常に患者さんの気持ちに沿った看護の提供を心がけています。

また、多様な働き方の推奨や院内保育所、夜勤体制の充実など職場環境改善に取り組んでおり、人材を人財としてスタッフを大切に育てる環境ができていることから、定着率が高くなっています。

少子、超高齢化の時代において、医療チームのマネジメント役として、病院理念・看護部理念に基づいて“医療を受ける人の夢を育める”よう信頼される看護を提供していきます。

看護部理念

一人ひとりの夢を共感と対話の看護で実現します

看護部基本方針

  1. 夢と誇りを持って自立し協働します(行動)
  2. いかなる時も誠実な看護に徹します(信条)
  3. 患者の信頼のもと安全な看護を提供します(習慣)
  4. 専門性を磨き自らの成長に努めます(成長)

平成30年度看護部目標

  1. 安全で質の高い専門看護を提供する
  2. チーム医療の推進を図り、病院経営に貢献する
  3. 魅力ある職場風土を推進する

看護体制

看護配置
・急性期一般入院基本料1(7対1)
・緩和ケア病棟入院料1(7対1)
・地域包括ケア病棟入院料2(13対1)
看護単位
7単位病棟・手術室・外来
勤務形態
3交代制、又は2交代制

看護方式

・固定チームナーシング(一般病棟)
・プライマリーナーシング(緩和ケア病棟)

看護記録

電子カルテを使った記録システム(フォーカスチャーティングによる看護記録)

職員宿舎

「ゆうあいレジデンス」36室あります。

室内エアコン、IHクッキングヒーター、ウォシュレットトイレ、リモコン照明、朝シャン洗面台等を備えています。また、バス・トイレ別です。

↑To TOP