トップページ > 病院のご案内 > 看護部 > 昇格・昇進

昇格・昇進

3階病棟師長 高橋真人

9月より3階病棟師長の任を受けさせていただきました。眼科・救急・ICUと特殊な領域が特徴である病棟で、スタッフと連携をはかり地域の皆さまが安心して医療を受けられるための看護を提供できる環境を目指し取り組んでいきたいと思います。

8階病棟師長 古宮信雄

患者とその家族の信頼を得られるよう、安全で誠実な看護を目指し実践します。そのためには人材育成にも力を注ぎ、スタッフが自ら学習し知識・技術を身に付け、人としても成長できる職場環境を創造したいと思います。

看護部副部長 毛利めぐみ

夢をはぐくむ病院を目指し、常に相手を思いやる気持ちを持ち、いつも笑顔が絶えない、そしてやりがいのある職場環境を整えていけるよう取り組んでまいりたいと思います。

7階病棟師長 西山 敦子

スタッフ間の良好な人間関係と働きやすい職場環境づくりを行ない、地域の方々に満足いただける看護が提供できるよう、スタッフと一緒に頑張っていきたいと思います。

認定看護師・活躍中!!

緩和ケア認定看護師(松下 久美子)

痛みなどの辛い症状だけでなく、気持ちのつらさや不安も和らげ、その人らしく穏やかに過ごせるよう支援します。また、ご家族へのケアも提供し、いつでもどこでも切れ目のない緩和ケアが受けられるよう、チームメンバーと協力して、地域の方々への『緩和ケア』の普及に努めたいと思います。

集中ケア認定看護師(高橋 真人)

集中ケア認定看護師としてICU看護の安全管理と質の向上に努め、さらに院内での横断的活動からチーム医療が円滑に連動されるよう関わっていきたいと思います。また、地域施設間との情報交換や研修開催等を通して、地域医療連携・充実に貢献していきたいと考えています。

がん化学療法認定看護師(霜田 智美)

年々、抗がん剤を受ける患者さんが増えています。現在、がん化学療法認定看護師として、薬物の投与や副作用対策を安全かつ適正に行い、治療を受ける患者さんや家族のセルフケア、化学療法中に起こる問題への対応ができるように支援しています。また、院内の看護師のレベルアップのため、院内研修の開催や、医師、薬剤師、病棟看護師と共にがん化学療法のチームを組み、月に一回の勉強会開催や情報交換を行っています。今後は積極的に医師からのがん告知やギアチェンジ時のインフォームドコンセントに立ち会い、患者さんや家族への心理的サポートができるように努力していきます。 そして、院内だけではなく、地域の方々に、より良い看護を提供できるように頑張っていきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師(飯ヶ谷 美恵)

現在は、ストーマチームのスタッフと共にストーマ外来の実施、医師や褥瘡委員会のスタッフと共に褥瘡回診をしています。
今後は、院内だけでなく、地域の方々により良い看護を提供できるように頑張っていきたいと思います。

乳がん看護認定看護師(濱田 真美)

乳がんと診断され、病気や治療への不安、生活上の不安が生じているときに治療選択を求められることが多いのが現状です。気持ちの整理をお手伝いをしたり、患者さん自身が納得して治療方法を選択できるようにサポートを行っています。
また、患者さんが乳がんと向かいながら、普段と変わらない生活ができるように不安や疑問を少しでも解決できるように努めています。

緩和ケア認定看護師(富澤 喜久江)

私は、緩和ケア認定看護師として痛みなど身体的な辛さだけでなく、心の辛さも和らげ、その人らしく過ごせるよう援助を行います。また、ご家族にも患者と穏やかな時間を過ごせるよう、切れ目のないケアを行い、緩和ケアの普及に努めたいと思います。

↑To TOP