トップページ > 病院のご案内 > 看護部 > 教育・研修・委員会

教育

継続教育目標プログラム

継続教育目標プログラム
※図をクリックするとPDFデータにてご覧いただけます。

クリニカルラダー制度

クリニカルラダー制度

※ラダー制度を導入した院内・院外研修を実施しています
※新人看護研修についても充実しています

看護実践能力レベル

看護実践能力レベル

キャリアラダー制度(キャリア・マネジメントラダー)

キャリアラダー制度(キャリア・マネジメントラダー)

院内年間教育計画 令和元年度(2019年度)

クリニカルラダー:レベルⅠ

集合オリエンテーション 4月
新入職者研修 4月
基礎看護技術研修 4月、7月、8月、11月、1月
プリセプティ研修 6月、9月、12月、3月
ケーススタディ発表会 3月

クリニカルラダー:レベルⅡ

プリセプターⅠ研修 4月
フォローアップ研修 5月、7月、8月、10月、12月、2月
プリセプターⅡ研修 5月、8月、11月、3月
医療機器研修(基礎編) 6月
看護研修発表会 12月

クリニカルラダー:レベルⅢ

リーダーシップⅠ研修 毎月
薬物療法研修 5月、7月、9月、11月、1月、2月
CVポート研修 6月、11月
医療機器研修 11月

クリニカルラダー:レベルⅣ・Ⅴ

リーダーシップⅡ研修 毎月
教育担当者研修 5月、7月、9月、11月
臨床指導者研修 10月、2月

キャリアラダー:管理者研修

アンガーマネジメント研修 6月
リスクマネジメント研修 9月
勤務環境改善研修 1月
医療経済研修 2月

全看護職対象研修

防災研修 7月、11月
安全研修 7月、11月
感染研修 7月、11月
院内BLS研修 7月、11月、3月
一般病棟用の重症度、医療・看護必要度研修 8月
接遇研修 10月
看護倫理研修 10月

看護補助者研修

看護補助者研修 5月、6月、8月、10月、11月、2月

トピックス研修

がん関連研修会 6月、7月、9月、10月、11月、12月、1月、2月
人工肛門看護研修 7月
RST関連研修 7月、8月、12月、2月
認知症症状の看護研修 7月、11月
NST関連研修 9月
褥瘡管理看護研修 9月
糖尿病看護研修 9月
口腔ケア研修 9月
安全感染研修 9月、2月
地域連携に関する研修 10月
クリニカルケア研修 10月、1月
クリニカルパス研修 11月、12月

院内研修

今年度・新人集合オリエンテーション

<入職時研修>
<リフレッシュ研修>
<看護技術研修>
<看護技術研修>

院外研修

  • 院内で要請される研修(能力と人事評価)
  • 資格を取得する事ができる
  • 数ヶ月~1年間まで給与保証・研修費支給
    1. 臨床指導者研修
    2. 訪問看護養成研修
    3. 認定看護管理者
    4. 認定看護師
    5. 専門看護師

委員会活動

看護部委員会組織図

看護部委員会組織図

師長会議

  1. 病院方針に沿った患者の視点で看護の質の向上及び、人材育成を目的にした看護単位の業務運営の検討をする
  2. 看護組織を意識した該当看護単位における管理上の問題把握・情報の共有を行い改善策の検討をする

主任会議

  1. 看護の質の向上と看護職員の満足の向上を図り、看護実践組織に反映する活動である
  2. 中間管理職としての自覚を持ち、自己の役割遂行するため情報交換の場とする

Ⅰ 教育関連

看護部内の教育計画・実施と各職場の教育活動支援を行う

目的
看護部研修会の問題点抽出及び計画立案

1. ラダー委員会

  • 看護部職員の人つくりラダーシステムの構築
  • 人材育成のための研修計画・実施・評価を行う
  • ラダーレベルアップに関する審査・検討を行う

2. 新人教育委員会

  • 新人指導研修・計画・立案・実施計画の内容についての検討
  • プリセプター指導計画立案・実施及び計画内容についての検討

3. 継続教育委員会

  • メンバーシップを理解し基本的知識・技術の修得を実践にいかす
  • 質の高い看護サービス・マネジメントができる人材を育成する
  • 看護研究支援を推進する

4. 臨床指導者委員会

  • 臨地学生のレディネスにあった目標設定を行い統一した指導を行う

Ⅱ 業務関連

看護業務を安全かつ効率的に遂行するために業務量・基準の見直しを行う

目的
看護記録基準の徹底・監査・看護システムの検討、看護業務の標準化

1. 業務委員会

  • クリニカルパス使用基準の作成、修正
  • 看護部マニュアルの作成、修正
  • 看護記録、重症度・医療看護必要度記録の指導、記載基準の構築と修正

2. 看護補助者委員会

  • 看護業務が円滑に行えるよう補助者の連携、業務の効率化を図り実施する

3. 退院支援委員会

  • 患者が安心して退院できる支援のための研修、実践、評価を実施し、退院支援看護師の育成を図る

Ⅲ リスク・質関連

看護の質の向上にむけて検討、啓蒙、業務改善を図る

目的
  • 安全・感染対策の実施と評価、安全な実践行動が推進できる具体策を検討する
  • 看護の質の推進策・改善策の検討・立案・実施をおこなう
  • 褥創対策、NST活動の実施と評価

1. 安全・感染看護部会
院内安全対策委員会・感染対策委員会と連動して患者の安全を守り、医療事故等に関する事項の検討、事故防止活動推進と感染防止対策の検討・実施を推進する

2. 医療の質検討委員会
医療の質の向上にむけて専門チームの活動と質検討を行う

3. 褥瘡・NST看護部会
院内褥創対策委員会・NST委員会と連動して褥瘡の予防推進と対策の検討・患者の栄養状態を把握し全身状態の改善を行う

4. 認知症サポート委員会
入院患者の高齢化及び疾病構造の変化に伴い、医療・介護サービスが連携できるよう、入院から退院まで認知症の容態に応じて適切な医療・看護・介護の提供及び対応、管理する

↑To TOP